■大東建託で案内されたU-NEXT経由でのインターネット回線申し込みは必須?

 

・ 不動産屋から紹介されたインターネット回線以外は無理?
・ 回線も使わないと契約違反になる?

 

 

春からの新生活、新しい部屋に引っ越しをしたという方も多いと思います。
そんな時に困るのがインターネット回線に関することです。

 

 

詳しい人ならいいのですが、今まで実家で家族が契約していた回線を使っていた
という方は自分で新しくインターネット回線の契約をする必要があります。

 

 

そんな時に不動産店で紹介されるインターネット回線はどうしますか?

 

 

大東建託のいい部屋ネットなどで賃貸物件を借りた時にはU-NEXTというプロバイダの
インターネット回線を薦められます。

 

 

不動産屋から案内されるインターネット回線なので契約しなくちゃいけない。
不動産賃貸契約にインターネット回線契約もあって使わないと契約違反になる。

 

 

そんなことを考えている方もいるのではないでしょうか?

 

 

不動産屋から紹介される回線に必ず加入しなければならないという規約はありません。
あくまでもおすすめしているだけでどんな回線に入っても自由なのです。

 

 

確かに不動産屋がおすすめするのでその建物の中では便利、という状況の場合も
あるのは事実ですが、必須ではありません。

 


↓こちらを参考に自分がどんなインターネット回線を使いたいのかを考えてみましょう。

 

 

 

↓それでも光回線にしたい、光が気になる方はキャッシュバックが多くもらえるネット代理店がお得です。
(店舗型の代理店ですと人件費がかかっている分キャッシュバックが少ないため)

 

 

↓最近はモバイルルーターを選択している人が増えています。
次に引越しするときに固定回線のように、解約手続きが面倒だったりしないからですね。
光回線の違約金問題もクリアできますし。

 

あと速度的にあまりでないのではないか?という疑問があるのですが、普通にネットする程度でしたら動画もみれるので十分です。

 

 

 

 

 

 

■まずは、インターネット回線の種類を決めましょう

 

・ どんな使い方をしたいのか?
・ その使い方にあった回線はどれなのか?

 

 

まずはインターネット回線には色々な種類があることを知っておきましょう。
大東建託で紹介されるU-NEXTは光回線を使ったインターネット回線の一つです。

 

 

専用の光ファイバーケーブルを使ってインターネットをするので電話回線を使った
ADSL回線よりも情報の劣化が少なくなります。

 

 

つまりデータが豊富にやりとりできるので通信速度が上がり、サクサクとネットを
利用することができる回線なのです。

 

 

この他にもモバイル通信やケーブルテレビ回線など色々な種類のインターネット回線が
今では契約できるようになっています。

 

 

これらの回線は使い方によってその必要性が大きく変わってしまいます!

 

 

まずは自分がどんなインターネットの使い方をしたいのかを考えてみましょう。
ネットで情報を集める、動画を見る、ネットゲームをするなど色々と考えられます。

 

 

これらの使い方にはそれに合った回線があるはずです。
まずはどんな使い方をしたいのかをじっくりと考えましょう。

 

 

■高速通信回線の特徴とは?

 

・ 光回線とケーブルテレビ回線は専用ケーブルで高速通信我可能
・ 場合によって回線工事が必要、開始まで時間がかかる

 

 

高速通信が出来るインターネット回線が光回線とケーブルテレビ回線です。
どちらも専用回線を引いてインターネットへの接続をします。

 

 

インターネットの専用回線を引くので実際に工事が必要になります。
賃貸の場合はすでに建物に回線を引いてあって後は契約した各部屋に分配するという
場合もあります。

 

 

不動産屋が薦めてくるのはこのすでに回線が引いてある状態なのですぐにネット接続が
出来る様になる場合も多いようです。

 

 

それ以外の場合には回線工事が必要で、これの予約をとるのが大変な時期もあります。
特に引越しシーズンの土日には2ヶ月待ちという状況もあります・・・

 

 

インターネットを使うときのスピードと安定性はかなり高く、重たい動画なども
サクサクと動いて快適に見ることができます。

 

 

ただしインターネット回線としては月額利用料が高く一軒家の場合は回線利用料だけで
毎月6,000円以上の料金が必要になります。

 

 

安定性と利用料金が高いのが専用ケーブルを使った回線ですね。

 

 

■その他の回線の特徴は?

 

・ 電話回線を使ったネット接続は安い
・ モバイル通信はケーブルを使わないので工事の必要がない

 

 

今までのパソコン通信のように電話回線を使ってのインターネット接続方法もあります。
それがADSLという接続方法です。

 

 

古くから使われている電話回線のメタル回線を使ってインターネット接続をします。
電話回線と併用しているのでデータにノイズが入りやすく通信速度は遅くなります。

 

 

でも電話回線を使っているのですでにほとんどの家で回線が引いてあります。
新しく回線設置の工事をする必要がない、というメリットもありますね。

 

 

月額利用料も高速通信回線に比べるとかなり安くなっています。
安いところでは月額1,500程度でインターネット接続が出来るという契約です。

 

 

モバイル通信は他のインターネット回線とは違いケーブルを使わずに
インターネット接続をする回線です。

 

 

携帯電話と同様に電波が届くエリアならどこでもネット接続が出来るという
大きなメリットがあります。

 

 

実際に携帯電話の大手キャリアでもサービス提供をしていますので対応している
端末を持っているならすぐにインターネットの利用ができます。

 

 

この様にそれぞれの回線に特徴があります。
自分の利用目的にあった回線を選んで契約するようにしましょう。

 

■光回線は確かにはやいけど本当に必要?

 

・ パソコンを使ってネットゲームをする?
・ テレビを使った動画配信を使う?

 

 

光回線のメリットはその安定性とかなりの高速通信ができることです。
他の通信回線に比べてもかなりの速度でインターネットを楽しむことができます。

 

 

ネット接続の速度は1秒間にどれだけのデータ量をやりとりできるかで表します。
電話回線の場合は下り最速100Mbps、これが光回線だと最速1Gbpsになります。

 

 

1Gは約1,000Mなのでどれだけ違うのかがよくわかると思います。
ただしそれだけの通信速度がほんとうに必要なのでしょうか?

 

 

通信速度が必要な状況を考えてみるとパソコンを使ってネット対戦ゲームなどを
している場合が考えられます。

 

 

大人数で同時に一緒のゲームをプレイするために通信回線が高速であるほど有利と
言われています。

 

 

それにインターネットを使ってテレビ番組を見る、またはインターネットの動画配信を
テレビで見るという場合はやはり光回線が必要になります。

 

 

逆に言えばこれらの使い方をしない場合には高速通信を使う必要がありません。

 

 

高画質の動画は転送量が大きく、高速通信を利用しないとほとんどまともに
見ることができなくなります。

 

 

でも高画質の映画などを見ずに通常サイズの動画配信だけを楽しむなら何も高速の
高い通信回線を使う必要はありませんよね?

 

 

光回線を申し込むなら本当に自分に必要なのかをきちんと確かめましょう。

 

■実はヘビーユーザー以外の人は光回線でなくても十分インターネットできる

 

・ スマホでインターネットをしている人は月に7G以下の通信総量
・ テキストベールのホームページなら通信速度はあまり関係ない

 

 

確かにネットゲームを良くする人、最近ではパソコン以外にも家庭用ゲーム機でも
インターネットを使ったゲームが多くなっています。

 

 

これらをやっているヘビーユーザーと呼ばれる人達には確かに光回線のような
高速でインターネットが出来る回線が必要になります。

 

 

でもその他のライトユーザーの場合はどうでしょうか?

 

 

学生の中には自分でインターネット契約をしておらず、固定回線を使わずに
スマホだけでインターネットをしている人も多くいます。

 

 

その人達は毎月の通信パケット量は限られていて、しかもその範囲内で十分に
インターネットを楽しむことができているのです。

 

 

TwitterやLINEなどテキストベースのページなら通信が必要な容量も少なく
高速通信回線である必要がありません。

 

 

you tubeも同様に光回線でなくても快適にみれます

 

 

つまりどんな人にも光回線のような高速通信回線が必要になる、というわけではなく
自分にあった回線を使うことで通信コストを下げることも出来るのです。

 

 

↑3つのポイントに戻る

 

■光以外の回線にもこんなメリットが有る

 

・ 工事の必要がない、または必要でも予約が簡単に取れる
・ ほとんどの回線利用料金は光回線やケーブルテレビ回線よりも安い

 

 

通信速度が落ちるインターネット回線を利用する場合のメリットはどこでしょうか?

 

 

ADSL回線は電話線を利用するのでほとんどの家庭ではすでに回線設置がしてあります。
更にADSLは電話番号の権利を持っていなくても契約することができます。

 

 

モバイル通信では元々ケーブルを使っていないので工事をする必要がありません。
電話回線の場合は基地局の切り替え工事などでほとんどの場合は対応可能です。

 

 

専用回線を使う高速通信よりも簡単にインターネット接続が出来るのがメリットです。

 

 

しかもほとんどの回線は高速通信回線よりも月額利用料が安くなります。
光回線はマンションタイプでも基本料金が3,000円を下回ることが少ないです。

 

 

戸建てプランの場合は月額利用料6,000円以上とかなりの料金が必要になります。
でもモバイル通信は月額3,000円程度で利用することができます!

 

 

ADSLでは通信速度が遅いプランなら月額1,500円程度で使うことができます。
この料金のやすさも大きな魅力となっています。

 

 

ただし光回線にもお得になる可能性はありました。
それが不動産屋の紹介したプランを使う場合です。

 

■しかし、場合によっては光回線がお得になることもある

 

・ 仲介不動産屋の特別プランが有るならその料金を確認
・ 工事費がかからないなど特典が利用できる場合も

 

 

不動産屋が単純に紹介するだけではなく特典付きで紹介をすることもあります。
月額利用料の割引や初期工事費無料などの特典です。

 

 

中にはプロバイダまでセットにすると通常よりもかなり安くなるという場合も・・・

 

 

後は光回線やケーブルテレビ回線ならすでに回線設置がしてあるので契約するだけで
インターネット接続が可能になる場合もあります。

 

 

この場合には回線設置費用が無く安い工事費だけで使えるようになります。
不動産屋おすすめの回線にはこのような特典が付く可能性もあるのです。

 

 

よくネット上で見かけるキャッシュバックキャンペーンですが、「有料オプション」の罠がおおいので
注意が必要です。

 

どういうことかというと、見せかけのキャッシュバックは他店よりも高額なのですが
有料オプションの加入が必須なので、実際の得する金額はかなり少ないという詐欺まがいの商法です。

 

選ぶ際は「有料オプションなし」のキャンペーンを選んだほうが結局は一番お得なのです。
例えば↓こういうことろですね。

 

 

 

スマホがauならauひかりが割引率が良くなります。


 

 

 

 

スマホがソフトバンクとならソフトバンク光が割引率が良くなります。


 

 

 

ドコモならこちらがよいでしょう。


 

↑3つのポイントに戻る

 

■youtubeなどの動画を快適にみるために必要な速度は数メガbps

 

・ 高画質の動画を見なければ通信速度はそれほど必要ない
・ モバイル通信でも転送量を気にせずに利用できる

 

 

テキストベースの使い方ならそれほど高速通信が必要ないのは分かりました。
でも動画を楽しむためにはやはり高速通信が必要なのでしょうか?

 

 

これも動画のクオリティによって変わってくると思います。
高画質の動画や長編映画を楽しみたい方はやはり高速通信がお勧めです。

 

 

でもYouTubeの普通画質の動画を見るなら5Mbps程度の通信速度で十分に
楽しむことが出来るのです。

 

 

標準画質の場合はそれほど大きなファイルにならないので数メガ程度の通信速度でも
バッファの読み込みがなく楽しむことができます。

 

 

スマホなどで動画を楽しんでいる人が多いのもこれが理由。

 

 

パケット通信量の上限が決まっているスマホでも十分に動画を楽しむことが出来る。
それくらい簡単に見ることが出来る動画が多いので高速通信に頼る必要もありません。

 

 

確かに通常のホームページ等に比べると通信量は多くなりますが、それでも高速通信を
必要とするほどの大きな動画ばかりでは無いのです。

 

 

ただしモバイル通信の場合には通信総量に対する速度規制があります。(WIMAXを除く)
動画の見過ぎでパケット量が上がってしまうと速度規制の対象になるので注意しましょう。

 

 

 

【WiMAX2+】モバイルネットの最強へ。

 

 

 

私はこちらのWIMAXを使っています。
3日で3G、1ヶ月7G超えの通信規制があると宣言していますが、先日の非難を受けて、速度制限時の速度が改善されました。
実感として速度制限時でも6Mbps以上でていますので、問題なく使えています。
モバイルルーターで速度制限に引っかかりそうな人はおすすめの回線です。

 

 

 

 

↓7Gを超えた速度制限時の動作です。動画、ネットも数メガの速度で問題なく見れています。

 

 

 

ピンポイントエリア判定で△〜◯のところに住んでいます。
そして室内で結構窓際から離れたところで撮影してみました。
あまりよい条件とは言えませんがそれでも普通にネット、動画を見れるのがWIMAXの強みですね。

 

 

 

 

速度制限ありでも普通に使えたWIMAX

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■速いけど料金も高い光回線

 

・ 戸建てプランの場合はかなり金額が上がる
・ マンションプランは契約している戸数で料金が変わる

 

 

では実際に光回線を契約した場合の月額利用料などを確認してみましょう。

 

 

今回は一般的なNTTのサービス、フレッツ光の場合を調べてみます。
フレッツ光を東日本で契約した場合にかかる料金です。

 

 

フレッツ光ファミリータイプの基本料金が5,200円、2年契約をすると700円の割引が
適応されるのでその場合は4,500円の月額利用料となります。

 

 

これにプロバイダ料金、安いところでは500円程度ですが平均すると1,000円程度。
これが毎月プラスされることになります。

 

 

それとプロバイダからレンタルをする光回線接続のためのルーターの料金があります。
自分で購入することもできますが、多くの場合500円程度なのでレンタルをします。

 

 

契約をした時には初期費用として契約料800円、回線設置工事費30,000円がかかります。
回線設置工事費は分割が可能なので初回3,000円、以降500円が毎月の支払いです。

 

 

戸建住宅の場合は契約した年には毎月6,000円以上の料金がかかる計算になります。

 

 

マンションプランの場合はその建物内でどれだけの戸数がフレッツ光の契約をしているか
それで月額利用料が変わります。

 

 

建物内に16軒以上の契約戸数があるなら3,350円、8軒以上なら3,750円、4軒以上なら
4,350円が基本料金になります。

 

 

ただしマンションタイプの場合は2年契約の割引が毎月100円です。

 

 

後は同じようにプロバイダ料金とルーターのレンタル料が必要になります。
初期費用800円は同じですが回線工事費が15,000円となります。

 

 

マンションタイプの場合でも5,000円近くの月額利用料がかかる計算になります。
確かに毎月のコストとしてはかなり高い印象ですね・・・

 

 

■スマホなどの通信コストを考えると光回線はかなり高くなる印象

 

・ 携帯電話やスマホのコストを考えると光回線はかなり高い
・ 固定電話を考えるなら光回線のオプションサービスもあり

 

 

最近ではかなりスマホの普及率も高くなっているので持っている人も多いです。
でも当然ですがスマホにも月額利用料がありますよね?

 

 

安くなっているとはいえキャリアのスマホを使っているなら毎月5,000円程度の
月額利用料がかかるはずです。

 

 

これにインターネット料金が更に5,000円以上プラスされるとちょっと大変です・・・

 

 

でも光回線にするメリットも有るはずです。
それが固定電話を考えている場合、光回線ならIP電話のサービスを使うことができます。

 

 

電話回線を使った固定電話を使うためには電話番号の権利を購入する必要があります。
これがかなりの高額になるので普通は携帯電話で代用しています。

 

 

でもどうしても固定電話が必要という場合には光回線のオプションサービスにIP電話が
あるのでこれを利用する事がお勧めです。

 

 

電話番号の権利を購入するよりもとても安く月額利用料も500円程度で利用可能です。
フレッツ光を利用すれば電話番号も通常の市外局番から始まる番号がもらえます。

 

 

固定電話がほしい、という方には光回線はオススメできます。

 

 

■初期コストがかなり大きいのが固定回線のデメリット

 

・ 固定回線の場合は回線設置工事が必要
・ 賃貸住宅では大家の許可が必要な場合も

 

 

一方の固定回線の大きなデメリットといえば何と言っても回線設置工事が必要なこと。
料金も高いですし、状況によってはインターネットを開始できるまでの時間が必要です。

 

 

特にマンションタイプの場合、希望する光回線を利用できない可能性もあります。
すでに光回線を設置している建物ではその回線以外の契約をすることが難しいです。

 

 

更に回線工事の状況によっては壁に穴を開ける可能性も・・・
その為に大家や管理会社の許可が必要になります。

 

 

当然建物に光回線が設置してあっても自分の部屋まで引くための工事が必要です。
やはり工事費用がかかるので初期コストがかなり大きくなるのがデメリットですね。

 

 

工事の予約をとるためには時間がかかることも多いので、ネット開始が出来るまで
時間がかかることも多いのが固定回線です。

 

■手続きが面倒、次の引越しで違約金が発生する危険性

 

・ 複数年契約で割引を受けると途中解約で違約金
・ 専用回線を引いているので撤去する工事も必要

 

 

固定回線は確かに安定していて高速通信が出来るメリットが有ります。
でもその回線を利用するためにはかなり面倒くさい手続きが必要になります。

 

 

インターネット専用の回線を引くのでその専用回線を設置する工事が必要です。
この申込がとても時間がかかってしまうのです。

 

 

特に一人暮らしで仕事をしていると平日の日中に工事をすることができません。
回線設置工事は立会が必要なので契約者が自宅にいる必要があります。

 

 

家族がいれば大丈夫ですが、それでも予約をとるのが難しいと言われています。
平均して2週間前後、申し込みの次の日に回線工事にはなりません。

 

 

しかも月額利用料の割引をするために複数年契約をした場合には途中解約で
違約金が発生します。

 

 

引っ越しの時期や次の部屋を見つけるまでの時間が同じならいいのですが
引っ越しのタイミングと合わない場合には高額の違約金を払う必要がでてしまいます。

 

 

当然専用回線を引いているのでそれを撤去するためにも工事が必要です。
こちらも申し込みをして引っ越しまでに回線撤去をしなければいけません。

 

 

すぐにインターネットが使えるわけではなく、申し込み後の手続きも大変なのが
固定回線を設置するときの大きなデメリットになりそうです。

 

 

■どうしても光にしたいなら家電量販店はおすすめできない理由

 

・ インターネットを使ったゲームがしたいなら光回線はおすすめ
・ 家電量販店の場合は制約が多くお得にならないことが多い

 

 

ネットゲームをするなどの理由でどうしても光回線を引きたい、という方は
申し込みに家電量販店を使わないことをおすすめします。

 

 

一時期には家電量販店はかなり多くのキャンペーンを展開していてお得に光回線の
加入ができるイメージでした。

 

 

でも今ではキャンペーン適応のためにはかなり多くのオプション加入が必要です。

 

 

更に選べるプロバイダはとても少なく、ほとんどの場合が決まったプロバイダでの
契約が必要となります。

 

 

利用できるキャンペーンもパソコン料金からの割引など指定された商品を購入した場合
そこから割引という形なので一緒に何かを購入しなければ安くなりません。

 

 

店舗によってはその系列店でしか利用できないポイントによるキャッシュバックが
利用出来るだけという可能性も・・・

 

 

現金の高額キャッシュバックなどを行っていたのはかなり昔のことで、最近では
家電量販店では契約するデメリットのほうが目立つようになりました。

 

 

メリットが少ないので家電量販店で光回線の申し込みをするのはオススメできません。

 

 

■光回線の契約ならネット代理店のキャンペーンがお得

 

・ インターネット上のNTT契約代理店のキャンペーンがお得
・ オプション加入の条件には注意

 

 

どうしても光回線が利用したいならインターネット上から契約代理店を通して
申し込みをする方法がお勧めです。

 

 

NTTの契約代理店がネット上にはかなりあるので、それを通して契約すると
代理店によってかなり多くの特典が利用できることがあります。

 

 

代理店の中には現金でのキャッシュバック特典などがあるので初期コストが
大きくかかる光回線でもお得になる可能性が高くなります。

 

 

ただしネット上の代理店の中にはかなり誇大広告的なキャンペーン展開をしている
代理店もあります。

 

 

高額キャッシュバックができる、と書いてあってもその条件としてかなり多くの
有料オプションに加入することが条件という事があります。

 

 

毎月の利用料金がキャッシュバック金額を超えてしまっては全然お得ではありません。

 

 

それにキャッシュバックの時期を明確にしない、キャッシュバック受取の方法が面倒など
問題のある加入代理店も多くあります。

 

 

ネット上の代理店を利用する場合にはこれらの注意点をきちんと確認してから
申し込みをするようにしましょう。

 

 

■固定回線の場合はすぐにインターネットを始めることができない

 

・ 専用回線の工事に時間がかかる
・ すぐにインターネットをしたい場合にはモバイル通信も考える

 

 

色々と固定回線のことを調べてみましたが、多くのユーザーが気になっているのは
やはりすぐにインターネットを始めることができないということです。

 

 

光回線やケーブルテレビ回線は申し込みをしてから回線工事が始まるまでに時間が
とても必要になります。

 

 

そのために引っ越しなどのタイミングからすぐにネット接続ができないというのは
やはり大きなデメリットに感じる人が多いようです。

 

 

そこでもうひとつのインターネット回線、モバイル通信の利用も考えては?

 

 

モバイル通信なら回線工事の必要がなく、電波が届くエリアならどこでも手軽に
インターネットを楽しむことが出来るようになります。

 

 

最近ではモバイル通信の提供会社もかなり多くなっているので多くの会社から
選んで契約することもできます。

 

 

今度はこのモバイル通信についても色々と調べてみます。

 

■一人暮らしでモバイルルーター利用の人が増えている

 

・ 高速通信の必要がなければモバイルルーターでも十分
・ 回線設置工事がないのですぐにネット接続が出来る

 

 

一人暮らしの場合は自分が家にいない時には当然自宅でネットが出来ません。
家族のために回線を引く必要がないのです。

 

 

それなら自分が自宅にいるとき以外にも利用できるネット回線のほうが便利ですよね?

 

 

その点ではモバイルルーターを利用したモバイル通信なら電波が届くエリアなら
どこでもインターネット接続ができるので屋外でもネットが出来ます。

 

 

当然自宅でも対応エリア無いなら問題なく使えるのでわざわざ固定回線を引かずに
モバイル通信を使う方が増えているようです。

 

 

モバイルルーターを持ち歩く手間がかかりますが、どこでもネットが出来るようになり
しかも回線工事が必要ないので契約してすぐにネット接続が出来るのです!

 

 

Wi-Fiの受信装置がある端末なら接続可能なのでノートPCやタブレットPCでも
インターネットをしたいという方にもオススメできますね。

 

 

一人暮らしならモバイルルーターを使ってどこでもすぐにインターネットができる
という環境を使う人が増えています。

 

 

■スマホのテザリングだと厳しい

 

・ スマホのパケット通信制限が厳しい
・ スマホのバッテリーでは接続できる時間が短い

 

 

同じような接続方法としてはスマホを使ったテザリングがあります。
モバイルルーターの代わりにスマホを利用してスマホの回線を使ってネット接続します。

 

 

モバイルルーターのように利用できるのですが、こちらの場合は色々と問題があります。

 

 

まずスマホを使ってネット接続しているので通信のパケット代金はスマホに加算されます。
定額プランを使っている場合は上限金額があるので安心できますが・・・

 

 

それにスマホの場合は一定期間内に規定値以上のパケット通信を行ったら速度規制が
かけられてしまいます。

 

 

テザリングでネットに接続した場合は当然スマホにこのパケット通信の負担がかかります。

 

 

しかもノートPCを接続した場合にはスマホ用のページではなく容量の大きな
パソコン用のページを見ることになります。

 

 

少しホームページを見ただけでも規定値を超えてしまう可能性があるのです。

 

 

更にスマホのバッテリーはモバイルルーターに比べるとかなり少ないです。
連続して利用できる時間は短く、更にネット接続とWi-Fi接続を同時にしています。

 

 

これもバッテリーを消耗させる原因になるので長時間のテザリングが出来るスマホは
ほとんどありません。

 

 

外出先でどうしてもネットがしたい時以外にはあまりテザリングはお勧めできません。
自宅でもネット接続をするならモバイルルーターのほうがオススメできます。

 

 

■モバイルルーターを使えばスマホのパケ代節約にもなる?

 

・ 大容量通信をしないならモバイルルーターのパケット利用だけになる
・ 無制限に利用できるモバイルルーターは無いので注意

 

 

モバイルルーターを上手に利用すればスマホのパケット代を節約することも
出来るようになりそうです。

 

 

スマホで動画などを見ていても毎月7GBの利用上限に達していないなら他の
端末と合わせて使っても7GBに届かない可能性が高いです。

 

 

そこでスマホの定額プランを2段階定額プランや0から定額プランに変更すれば
スマホのパケット代金を大きく下げることが出来るようになりますよね?

 

 

当然モバイルルーターを使った場合にも月間通信総量による速度規制はありますが
高画質動画を見るなどの大容量通信をしなければまず速度規制にはかかりません。

 

 

テキストベースのTwitterやLINEだけを使っているなら自宅でタブレットPCを
使っていても速度規制にかかる心配は少ないはずです。

 

 

ただしモバイルルーターも無制限に利用できるわけではありません。
今契約できる物でも月間通信総量の速度規制はあります。

 

 

スマホの定額プランを安く出来る場合にはその料金とモバイルルーターの
月額利用料を足しても従来よりも安くなる可能性が高いと思います。

 

 

■モバイルルーターを調べてみる

 

・ 現在はWiMAX2+とポケットWiFiが主流
・ それぞれに特徴があるモバイルルーター

 

 

実際のどのようなモバイル通信が現在サービス提供されているのでしょうか?

 

 

現在はWiMAX2+とポケットWiFiのLTEがあり、それぞれにMVNOがあります。
プロバイダを選んでサービスを申し込むことができるようになっています。

 

 

WiMAX2+は現在は首都圏や地方中心都市をメインにエリア拡大をしています。
ポケットWiFiはソフトバンクが親会社になり利用できるエリアが広くなりました。

 

 

それぞれに色々な特徴を持っているモバイル通信となっています。

 

 

利用できるエリアや月額利用料、月間通信総量の上限などに違いがあるので
次にそれを詳しく見てみましょう。

 

■WIMAXとLTE、それぞれの特長

 

・ 首都圏など中心地では接続しやすいのがWiMAX2+
・ 地方エリアでも繋がりやすいのがLTE

 

 

ではそれぞれの回線の特徴を詳しく調べてみます。

 

 

まずはWiMAX2+回線から、こちらは高速通信が出来るモバイル通信として注目を
集めている回線です。

 

 

下り最速220Mbpsという高速通信が可能で、利用できる回線はWiMAX2+回線と
WiMAX回線、それにオプション料がかかりますがauのLTE回線です。

 

 

この中でもWiMAX回線はどれだけ使っても速度規制がかからないモバイル通信として
とても注目されている回線です。

 

 

でも完全上位互換のWiNAX2+回線に完全移行が決まっていて、2018年には電波が
供給停止になることが決まっています。

 

 

その為に現在はWiMAX回線単独で契約することができず、使うためにはWiMAX2+に
申し込みをして対応しているルーターを購入する必要があります。

 

 

WiMAX2+は月間通信総量7GBを超えた場合と直近3日間の通信総量が3GBを超えた場合
通信速度に規制がかかります。

 

 

ポケットWiFiのLTEは利用できる回線がイーモバイルLTEとソフトバンク3G回線
それにソフトバンク4G/LTE回線の利用が可能です。

 

 

新しく親会社になったソフトバンクの回線が使えるので全国のかなり広いエリアで
インターネット接続が出来るというメリットがあります。

 

 

その一方で通信総量による速度規制が厳しい回線としても有名です。

 

 

月間通信総量は7GBと一緒ですが直近3日間の通信量が1GBを超えると速度規制が
かかるためにパケット量にはWiMAX2+よりも注意が必要です。

 

 

それぞれこのような特徴がある通信回線となっていました。

 

 

■ドコモ,au、ソフトバンクのモバイルルーターの月額は高い!

 

・ キャリアのLTE回線を使ったモバイルルーターもある
・ プロバイダを選べないので月額利用料は高め

 

 

ここでWiMAX2+とポケットWiFi以外のモバイル通信も確認してみます。
大手キャリアでもそれぞれのLTE回線を使ったモバイルルーターを取り扱っていました。

 

 

ドコモではデータ通信専用プランの契約が可能です。
Xi回線を音声通話機能なしで利用するためのプランとなっています。

 

 

Xiデータプランフラットにねんにプロバイダ料金をプラスした金額が月額利用料です。
5,700円+500円の6,200円が月額利用料です。

 

 

ソフトバンクの場合は4G/LTEデータし放題フラットに4Gデータ通信基本料です。
4,196円+500円の4,696円が月額利用料です。

 

 

もう一つのauには単体でのモバイルルーター契約がありません。
WiMAX2+回線の申し込みで、auのLTE回線を使うとオプション料金が発生します。

 

 

利用した月には1,050円が別途加算されるという形になります。

 

 

それぞれのキャリアでスマホを使っている場合にはスマホとパケット量を
分け合えるなど割引サービスの提供は行われています。

 

 

でもモバイルルーターで利用できるパケット量をスマホと分け合うのではスマホの
パケット量の節約にはならないのでほとんど意味がありません・・・

 

 

元々のWiMAX2+回線を契約するau以外は月額利用料も高くなってしまいますね。

 

 

■WiMAX2+とポケットWiFiの料金を調べてみる

 

・ プロバイダによって月額利用料は違ってくる
・ キャンペーンを使えばかなりお得にモバイル通信を始めることが出来る

 

 

今度はWiMAX2+とポケットWiFiの月額利用料を調べてみます。

 

 

WiMAX2+はかなり多くのプロバイダからサービス提供が行われています。
大手ではOCN、BIGLOBE、@nifty、So-netなどかなり多くのプロバイダがあります。

 

 

これらから選んで申し込みをすることができるのでお得なキャンペーンを選んで
申し込みができるというメリットも有ります。

 

 

このプロバイダによって月額利用料も変わってきます。

 

 

本家のUQ WiMAXはギガ放題プランの月額利用料が4,380円です。
BIGLOBEも4,380円、@niftyは4,350円、GMOとくとくBBは4,263円です。

 

 

サービスや月額利用料を選んで契約することが出来るメリットがあります。

 

 

ポケットWiFiの場合はY! モバイルの他にはYahoo! Wi-Fiからサービス提供があります。

 

 

Y! モバイルはプランLが月額利用料4,380円となっています。
Yahoo! Wi-Fiは2,743円の月額利用料で使うことができます。

 

 

Yahoo! Wi-Fiの場合は選べるモバイルルーターの種類が1つしか無いのですが
2年間の通信速度規制解除料金無料のキャンペーンを使うトトができます。

 

 

WiMAX2+にも色々なプランがあり、ギガ放題は月間通信総量による速度規制の無い
プランとなっています。

 

 

これらのプロバイダから自分に合ったプランを選んで契約しましょう。

 

 

■手軽さを考えると賃貸住宅の場合はモバイルルーターがおすすめ

 

・ モバイルルーターなら外装や壁を傷つける心配がない
・ 引っ越しでも光のように違約金の問題が発生しないので賃貸にはおすすめ

 

 

色々と調べてみてわかりましたが、賃貸住宅の場合は手軽に利用できるのが魅力の
モバイルルーターがおすすめです!

 

 

回線工事をしないので賃貸住宅の壁や外装を傷つける心配がありません。
しかも工事の申し込みが必要ないので契約だけで使うことができます。

 

 

月額利用料も固定回線に比べるとかなり安く、使い方によってはスマホの料金を
安くすることもできそうです。

 

 

それに引っ越しの時にもそのまま持っていけるので余計な手続きが必要なし。
光だと2年以内の引越しは高額の違約金がかかる場合がありますが
モバイルWIFIであれば、持ち運べるのでそのような心配はありません!

 

 

パケット通信総量に気をつける必要はありますが、ヘビーユーザー以外には
それほど問題にならないと思います。

 

 

契約も簡単、手軽にどこでも使えるモバイルルーターをおすすめします。

 

↑3つのポイントに戻る